電動工具の買取サイトを比較![リサイクルショップ 出張・宅配買取]

トリマーの買取価格の相場や高価買取方法

    

トリマーの買取価格の相場や高価買取方法

 

工夫次第でさまざまな加工に使えるのが、トリマーです。
上手に活用することで、飾り気のない木材でもあっという間に美しくすることができます。
木材加工には欠かせない電動工具の一つだと言えるでしょう。
トリマーが必要なくなったときには、買取を検討したいところ。
事前にリサーチしておきたい、買取価格の相場や高価買取の方法について解説します。

 

トリマーとは

トリマーとは、木材のトリミングを行う電動工具のこと。
トリミングを日本語にすると「装飾」です。
専用の工具を取り付けて回転させることで、木材を切り取り切断してくれます。

◆面取り

トリマーの使い道としては、木材の角を切り落とし、安全に使えるようにする「面取り」です。
木材の断面の角度をなだらかにすることで、優しい雰囲気に仕上がります。
小さな子どもが使うような家具にも人気の加工となっていますが、これを可能にしてくれるのがトリマーです。

◆溝切り

また面取り以外にも、「溝切り」という加工も可能です。
その名のとおり木材に溝を施す加工のことで、木材を組み立てるときの溝にしたり、装飾性を高めたりするために使われています。

 

これらの加工は、工具の先端に取り付けるビットによって変わります。
大きく分けて「面取り用」のビットと「溝切り用」のビットが存在しており、利用者自身が用途に合わせて選ぶことが可能です。

 

トリマーの買取相場

実用的なアイテムにも、装飾性の高いアイテムにも便利に使えるトリマーですが、不要になれば手放すことを検討し始める方も多いことでしょう。
これまで大切に扱ってきた工具だからこそ、適正な価格で買取依頼をしたいところ。
このときに参考になるのが、買取相場です。

トリマーの買取相場は1万円から2万円程度です。
もちろん買取相場は、工具の状態や付属品の有無などの条件によって上下します。
使用感のある古いアイテムの場合、数千円程度の買取となるでしょう。

 

トリマーの高価買取のコツ

トリマーの買取価格は、新品の販売価格を上回ることはありません。
しかしいくつかのコツを知っておくだけで、知らないときよりも高価買取が実現する可能性もありますから、ぜひ頭に入れておいてください。

 

◆すべてのパーツがきちんとそろっていること

トリマーで大切なのは、「すべてのパーツがきちんとそろっていること」です。
トリマーは、先端に取り付けるビットを交換することで、さまざまな用途で使える工具です。
もし「面取り用のビットしかない」ということになれば、トリマーとしての魅力は半減してしまうでしょう。

買取価格が下がるのはもちろんのこと、お店によっては「買取不可」と判断されてしまうケースもあります。
買取査定を受ける際には、購入時に付属していた全てのパーツを揃えた上で、問題なく使えることを確認しておきましょう

 

◆伝統工具に詳しいお店を選ぶ

また、電動工具に詳しいお店を選び、買取依頼をすることも重要なポイントです。
電動工具を専門に扱うお店には、「電動工具を購入したい人」も多く集まってきます。
お店にとっては「販路が多い」ということで、より高値で買取してもらえる可能性が高いです。

 

トリマー買取依頼、おすすめは?

トリマーの買取を依頼するときには、これまで「自分で工具をお店まで持っていく」というスタイルが主流でした。
しかし近年、こうした流れに変化が生まれてきています。
自宅に居ながらにして買取作業を完了できる、宅配買取りを利用する方が非常に増えてきています。

ブランド物や高級時計などの買取で有名な宅配買取りですが、実は電動工具を専門に扱うお店も少なくありません。
宅配買取りサービスを利用すれば、「自宅に近いお店」という制限はなくなります。
自身が所有するアイテムを、もっとも有利な条件で買取してくれる業者を、厳しい目線でチェックできることでしょう。

 

まとめ

トリマーの買取で、できるだけ高価買取して欲しい!と思ったときには、まず事前の準備を済ませましょう。
ある部品はすべてそろえ、できれば説明書などもセットにしておきます。

その上で、宅配買取りで高価買取をうたう専門業者を探してみてください。
ちょっとした努力の差が、買取金額の差につながるはずです。