電動工具の買取サイトを比較![リサイクルショップ 出張・宅配買取]

電動工具の処分と買取、どっちがおすすめ?

    

電動工具の処分と買取、どっちがおすすめ?

 

電動工具は便利な反面、新しいタイプの電動工具を購入しようと考えると処分を検討する方もいるでしょう。
しかし実は電動工具本体の処分は自治体のごみでも出せます。
しかしバッテリーは処分できない場合もあります。
ここでは電動工具の処分について買取とどちらが良いのか、色々な角度から検討してみました。
電動工具の処分をお考えの方は是非参考にしてみてください。

 

電動工具で問題になるのはバッテリー

電動工具本体は自治体の粗大ごみや燃えないごみ(小さいものなら)として回収してもらえます。
また粗大ごみになると有料であることも多いので、お金を払ってごみとして捨てることになります。
一方、電動工具で問題になるのがバッテリーです。
これは扱いが微妙になります。

○自治体で回収してくれるか確認しよう

これは自治体でも回収に対応してくれるところとしてくれない自治体があります。
これは自治体のウェブサイトをよく見ないとわかりません。
車やバイクのバッテリーは回収対象外としている自治体も多いのですが、電動工具のバッテリーは記載されていないところがほとんどです。
そのために電話やメールで問い合わせる必要があります。

 

○回収してもらえるとわかったら

例えば自治体の問い合わせで電動工具のバッテリーが回収してもらえるということがわかると、

指定の手数料分の粗大ごみシールやシール券(これは自治体によっても変わります)を購入して、

指定された日の朝に指定の場所に出します。
このごみシール券は自治体指定のお店やスーパー、コンビニで購入することができます。
また粗大ごみも事前に申請しないと回収してもらえません。

 

バッテリーの処分は義務付けがあるが

しかしなぜバッテリーだけは自治体によって回収に差があるのでしょうか。
ごみ扱いにせずに回収をしないという自治体があるのは、廃棄物処理法があるためです。
つまりバッテリーはバッテリーを販売した業者に回収が義務づけられているのが本当のところです。

そのため販売業者はバッテリーを引き取り、リサイクルに回す必要があります。
例えばバッテリーそのものが電圧低下や液レベルの低下によって使用できなくなってもリサイクルが可能な資源として扱われます。

ところがバッテリーが使われている電動工具を購入したお店がホームセンターや専門店だったとしても、無料の引き取りを希望した場合は購入レシートを残しておく必要があります。
レシートがないと有料というところもあります。
これでは意味がありません。

買取してもらうとセットで買い取ってもらえる

○新品を購入する場合

新品を購入する場合は、新品の購入を検討している店舗で引き取ってもらうということも可能です。
ただしそれは買い替えするときだけに使える方法です。
数がある、買い替え予定がないという場合は、買取専門店に依頼するほうがはるかに良いでしょう。

もし使わない電動工具があれば、バッテリー有無に関わらず買取業者に依頼したほうがはるかにスムーズです。
もしかしたらお金を出して処分しなければならなかった電動工具がお金になるということです。
多少傷がついていても汚れが少しついていてもニーズがあればいい値段で買取に応じてくれることもあります。
また使わないならなるべく早く買取依頼を出したほうが良いでしょう。
新品同様ならかなり高い値段になることもあります。

 

○宅配買取

また買取してもらう時は直接店舗に行かなくても宅配買取という手段があります。
最近は買取の前に相場が書いてあるサイトや事前に査定してもらえる業者もあるので非常に便利になっています。
もし自治体で回収しない電動工具があるなら是非買取業者に依頼してみましょう。
処分に余計な手間をかけることなく、しかも買取してもらえばお金として戻ってきます。
そのお金は新しい電動工具の費用の一部にすることもできます。

電動工具は処分するよりも買取業者に依頼するほうがおすすめです。