電動工具の買取サイトを比較![リサイクルショップ 出張・宅配買取]

国内メーカーの電動工具の買取に強みがある、おすすめショップとは?

    

国内メーカーの電動工具強み近年、DIYや組み立て家具が流行しているおかげで、電動工具は身近なものとなってきました。
お家には、小さいものを含めれば必ずと言っていいほど電動工具があります。
家庭にもよくあるのは、活用頻度の高い電動ドリル系ではないでしょうか。
板や壁などに穴をあけたり、ネジ締めを行うものです。
また、切断系と呼ばれる電動ノコギリのようなものも、DIY好きな人は持っていることが多いものです。
その他にも、サンダー系と呼ばれる研磨をおこなうものや、トリマーと呼ばれる面取りや溝切りを行うような工具もあります。
サンダー系とトリマーに関してはどちらかというと、プロが使うものなのであまり目にしたことはないかもしれません。
この分類の中でさらに、細かく種類が分かれていきます。

国内メーカーが人気の理由

電動工具の種類はこのような感じですが、もっとたくさんあるのが、この電動工具のメーカーです。
国内外合わせるとかなりの数があります。
国内メーカーでの電動工具シェア1位はマキタで、2位日立、3位リョービ、4位パナソニックと続きます。
マキタに関しては、世界シェアでも2位という実力を誇っています。
海外メーカーでは、世界トップシェアを誇るブラックアンドデッカーや世界シェア3位のボッシュ、ヒルティやミルウォーキーなど欧米でも有名な電動工具メーカーがあります。
世界シェアで1位と3位という脅威の数字を持つ、ブラックアンドデッカーやボッシュですが意外と日本ではあまりお目にかかることがありません。
日本国内では、一部のホームセンターで取り扱っていますが、その数も少なく販路が非常に少ないのです。
それに比べて、国内メーカーのマキタと日立は、ほとんどのホームセンターで取り扱いがあり、地元にあるような金物店やプロ向けの工具店など非常に広い販路を持っているのです。
これは、地場産業ということもありますが、個人向けやプロ向けといった電動工具の種類を細かく作り分けており、製品が用途に合っていることが要因と言えます。
そのため、国内に流通している電動工具は圧倒的に国内メーカーが多いのです。
そのため、使い慣れていたり、耳慣れた国内メーカーの電動工具を欲しがる人も多いわけです。
電動工具の買取ショップも同じように、人気の国内メーカーの電動工具を中心に買い取っています。

おすすめショップを見抜く方法

では、国内メーカーの電動工具を買い取ってもらうのに、おすすめショップはあるのでしょうか。
答えは「はい」です。
電動工具の買取ショップは、最近ではかなり増えてきています。
その中でも、

・電動工具買取の専門店である
・買取実績を開示している

この2つに注目して、ショップを選ぶことがオススメです。
まず、国内メーカーの電動工具は数や種類が多く、素人ではなかなか判断が難しいものです。
そのため、電動工具買取の専門店のような目利きの買取のプロがいるショップに買取を依頼する必要があるのです。
電動工具の買取専門店は、電動工具以外にも買取を行なっていることもあり、同時に他の物も買い取ってもらえる可能性もあります。
また、買取実績をホームページなどに記載しているショップは信用できます。
なかなか、他の買取実績などは目にすることはないと思います。
買取実績は、きちんと適正な査定を行なっているかの判断材料となります。
自分の売りたい電動工具と年式などが似ている物を探して、買取価格を確認して見ましょう。
なんとなく買取の相場感をつかむこともできます。

国内メーカーの電動工具は人気商品ですので、適正価格で買い取ってもらえるようにショップ選びは大切です。
ぜひ、この2つの点に気をつけてショップを選んでみてください。