電動工具の買取サイトを比較![リサイクルショップ 出張・宅配買取]

買取前に知っておきたい!電動工具が安く査定される理由6つ

    

電動工具が安く査定される理由最近は、DIYの流行により電動工具を持っている個人も増えてきました。
それに伴い、電動工具の買取を専門としているショップを多く見かけるようになってきました。
自分の家にも眠っている電動工具があるから、「売りたい」と思っている人も多いと思います。
しかし、電動工具を売るときには注意が必要です。
電動工具を売る際には、ショップ選びと高く買ってくれるためにやらなければならないことがあるのです。
ここでは、まず、電動工具が安く査定されてしまう理由から、どうしたら高く売れるかを紐解いていきましょう。

 

電動工具が安く査定される理由6つ

電動工具を売るからには、できるだけ高値で買い取って欲しいのが心情だと思います。
では、どんな時に電動工具は安く査定されてしまうのでしょうか。

・傷や汚れが多い
・部品や付属品が不足している
・手入れがされていない
・メーカーがわからない
・10年以上前の製品
・単品だけで売る

以上が、電動工具が安く査定されてしまう理由6つです。
1つずつみていきましょう。

6つの理由

○傷や汚れが多い
電動工具は、基本的に電動で穴を開けたり、板を切ったりするものですので傷がつきやすいです。
保管場所も適当に置いていると傷がつきやすいです。
商品ですから、買取ショップも綺麗なものを好みます。
傷だらけで汚れていては、商品価値は半減してしまいます。
商品価値を下げないために、やり方次第では綺麗に保つことができます。
例えば、保管場所を適当にせずきちんと専用の箱にしまっておいたり、使い終わったらすぐに雑巾などで拭いておくなどです。
日頃からメンテナンスを行っておくことで、汚れはかなり取れます。

○部品や付属品が不足している
電動工具を売る場合は、それは商品になります。
ですので、電動工具の付属品や部品をなくしてしまった場合は、買取査定も安くなってしまいます。
付属品や箱などはきちんと取っておくようにしましょう。
その際に、取り扱い説明書や保証書などもあれば一緒に保管しておくと良いです。

○手入れがされていない
電動工具は、買取の際にきちんと手入れがされているかを見られます。
風窓や細かな部分の汚れがあればやすい査定に繋がってしまいます。
日頃のメンテナンスはもちろんですが、売る前に細かな部分の掃除や風窓が塞がっていないかを点検しましょう。
また、見落としがちなコード部分の拭き取りなども忘れずに行ないましょう。

○メーカーがわからない
電動工具の買取は基本的に、記載されているメーカーや製品番号などと、本体の状態から査定を行います。
使い込みなどで、メーカーや製品番号がわからないときは査定が低くなりますし、買い取ってもらえないこともあります。
製品番号などが書いてあるシールなどは剥がさないようにしましょう。
また、保証書をとっておくことをおすすめします。

○10年以上前の製品
基本的には、マキタなどの製品は2~3年でモデルチェンジが行われます。
1世代前くらいのもはまだ、商品としての価値があります。
しかし、10年以上前の製品は修理部品などもなくなっていますし、需要も低いので買取査定も低くなります。
なるべく10年以内で売るようにしましょう。
そのためにも、思い立った時にすぐ売ると良いです。
時間が経てば経つほど、価値は下がっていくものです。

○単品だけで売る
意外かもしれませんが、電動工具を売るのに単品で売ると低い査定になることがあります。
電動工具を2つ、3つ一緒に売ったり、電動工具以外も買い取ってくれるショップならば、眠っているものを一緒に買取に出しましょう。
買取商品が多いと、査定額も上がる傾向があります。
まとめ売りがお得だというわけです。

いかがでしょう。
電動工具の買取価格が安くなってしまうのは、それなりに理由があるのです。
その理由さえきちんとクリアにしていけば、高額査定に繋がっていきます。
いつか、売れるかもしれない電動工具ですので、丁寧に扱いたいものです。