電動工具の買取サイトを比較![リサイクルショップ 出張・宅配買取]

電動工具を高額買取できるもの、できないものとは?

    

電動工具で買取できるものできないもの

最近は、DIYの流行により電動工具を持っている個人が増えてきました。
たいていの人は、ホームセンターやネットなどで買える安価な電動工具を利用していると思います。
「プロじゃないし、安いものでいい」と、思っていませんか。
でも、ちょっと待ってください。
安く販売している工具は、中古で買い取ってもらおうとしても高額買取は期待できません。
では、高額買取をしてもらえる電動工具はどんなものでしょう。
また、高額買取してもらうために、自分たちでできることはあるのでしょうか。

高額買取をしてもらえる電動工具のメーカー

どの商品でもそうですが、中古品の買取は高額買取をしてもらえるものと、してもらえないものがあります。
もちろん、電動工具もそうです。
電動工具は、高額買取対象となるメーカーがあります。
それが、「マキタ」、「リョービ」、「日立」です。
この3社の電動工具は、個人用のものありますが、元々は業務用の電動工具です。
ですので、性能はかなり高いのです。
もちろん、新品購入時の価格もホームセンターの物に比べると高めですが、それに見合った機能を持っています。
特に、メーカーで工具を一式揃えてあったり、電動出力の大きなものは高額買取の対象になります。
要は、プロが使うような耐久性やパワーが求められているのです。
また、意外なのはコンプレッサーを使用しる大型電動工具に関しては、中古工具の需要が高いためこちらも高額買取の対象となります。

中古品買取業者がみる審査基準

中古電動工具を高額買取してもらうには、やはり買取業者が査定の際にどこをみているのかを知っておく必要があります。

・工具の詳細
・工具のお手入れ状況
この2点を抑えておきましょう。

まず、工具の詳細についてです。
買取業者へ査定に出す時に重要なのは、工具の詳細を業者へ伝えることです。
メーカーや型番・型式、製造年月日、購入時期は査定を左右する情報です。
型番・型式は、電動工具自体に記載されてることが多いですが、購入時期などはわからなくなってしまいがちです。
できる限り、梱包されていたケースと共に領収者などを保管しておくと良いでしょう。

次に、電動工具のお手入れ状況です。
高額買取査定の対象となっているメーカーの物でも、お手入れが行き届いていない物や、キズが多いものなどは査定が低くなりますので注意が必要です。
査定に出す前にしっかりとメンテナンスをしておきましょう。

メンテナンスの方法としては、本体に着いたゴミや汚れを取り除きます。
エアーを使ってゴミを吹き飛ばすと、細かな部分のゴミも取り除くことができます。
また、電動工具の表面と電源コードに着いた汚れは、食器用洗剤を薄めた水を絞った布で拭くようにしましょう。
最後に、乾いた布でしっかり拭き取りましょう。

拭き取りがあまいと、サビなどの原因になります。
以上の項目はできる限り、その都度、掃除をすることをおすすめします。
さらに、査定に出す前に確認が必要なのは、工具のネジの緩みと風窓の塞ぎの点検です。
取り付けネジは、緩みが事故の原因となることありますし、風窓の塞ぎは性能を下げることになります。
こんな細かなことですが、しっかりとメンテナンスがしてあると査定が上がることがあります。

その他にも、使用頻度の程度も査定に響く項目になります。
色々な状況を踏まえて、業者は査定を行います。
メンテナンスなども大事ですが、まずは高額買取してもらえるものを購入するようにしておきましょう。
メーカー物は高くなりますが、中古品を売ることを考えると高額査定に繋がるメーカー品の方がお得と考えられます。

 

ランキングはこちら