電動工具の買取サイトを比較![リサイクルショップ 出張・宅配買取]

破損していたら電動工具は買取できない?

    

一般の家庭でも日曜大工をするならいろいろな道具が必要になります。業者であれば仕事の道具として必要としているでしょう。電動で動くものは故障をするときがあり、その後の処分に困るときもあります。捨てる以外の方法を考えてみましょう。

 

 

 

修理をして使えるなら可能になる

家電製品が故障したとき、その家電製品が必要なら動くものを用意しないといけません。メーカーに修理を依頼するか、新しいものを購入するかになるでしょう。メーカーに修理をすると時間もお金もかかり、新しく買うのと同じぐらいの修理費用が掛かるときもあります。では買い替えた後に故障したものをどのように処理するべきなのか。家電製品ではなかなか買取が難しい時がありますが、破損している電動工具であれば可能な時もあるので業者をさがしてみましょう。

家庭で使うタイプは利用する頻度があまり少ないわりに新品が高いです。その分中古が人気になっています。業者は中古で販売するために、いろいろな状態のものを仕入れたいと考えているようです。故障しているものすべてをきちんと修理できるわけではないでしょうが、ちょっとした不具合で動かないだけであれば直せるときもあるでしょう。まずは業者に状態を見てもらい、査定をしてもらいましょう。一定額の値が付けば修理が可能なので高く引き取ってもらえます。そのお金で新品への買い替えができます。

 生産終了品は部品の価値がある可能性

新製品が新たに発売されるとき、それまで新製品で売られていたものは過去の製品になります。メーカーによって対応は異なりますが、同じコンセプトのものを継続して作るのは無駄になります。そこで前の型の製造を中止し、新しい型を集中生産するようになります。同じコンセプトで能力などが近くても、中の部品が微妙に異なります。そのため旧製品が故障したとき、生産中止をしていると部品が無くてメーカーで修理をしてもらえないときがあります。

もし生産終了品であれば部品に一定の価値があるかもしれないので買取専門業者の元へ持って行ってみましょう。職人などは手入れをしながら使っているので、古いものを長く使っているときもあります。長く使い慣れたものだからと、なかなか新品には変えられず、何とか修理をして使いたいニーズがあるようです。それらのニーズにこたえるべく、部品のみを販売したり、修理を受け付ける業者などがあります。基本部分が動かなくても、部品の価値があればいくらかにはなるでしょう。

 取換パーツなどの備品に価値があるとき

家電製品だと、部品などのパーツなどがあってもそれなりに使います。一方電動工具はパーツを取り換えて使うのが一般的なものもあります。電動ドリルなどはドリル部分のパーツが取り換えられるようになっていて、その都度つけたり外したりしながら使います。新品などを購入した時にパーツもセットになっていて、いろいろな用途に使えるようになっています。

このように仮に破損していても、取換用のパーツが残っているならそれだけでも査定してもらえる可能性があります。パーツは取り換えて使うものの、職人などはあるパーツを特に使うケースがあります。よく使うパーツはボロボロでも、その他のパーツはほとんど使っていなくて新品同様の時があります。同じタイプの機種を持っている人が新品同様のパーツを使っているなら、そのパーツだけ欲しいと考えるかもしれません。個別のお店でも売られていますが、ネットオークションならより多くのニーズに対応できます。付属しているパーツが意外に価値を持っているかもしれません

 

故障していると価値がないように感じますが、修理ができるなら価値が復活するかもしれません。その他生産終了したものなら修理のための部品としてのニーズがあるかもしれません。本体に付属しているパーツに価値があるときもあります。